運行管理者試験(貨物)に1週間独学で合格出来た勉強方法


運行管理社試験(貨物)に1週間の勉強期間で合格した方法の共有です。

たまたまネットで検索している時にこの資格を見つけたのがきっかけで申し込みをして、1週間前に届いた受験票を見てようやくケツに火が付いて試験勉強を開始した感じですが、蓋を開けてみれば無事に23点で合格出来ていました。

※結果通知書を申し込むとこんな感じの結果が返ってきます。

運行管理者試験は合格率が平均30%台と、簡単には受からない資格ですが、要領を掴んで勉強すれば短期間・最低限の勉強でも十分合格圏内まで持っていけると思います。

令和2年(2020年)8月23日試験日の内容なので、今後試験の構成や試験内容が変わる可能性もありますが、参考にしてみて下さい。

 

使った教材

まず今回の試験で使った教材ですが、下記3つです。

1.テキスト(ユーキャン+語呂合わせ用の速習テキスト)
2.過去問(過去6回分)
3.基礎講習受講時にもらったテキスト

試験を振り返っても、教材としては基本的にこの3つで十分だったと感じています。

【テキスト】

 

【過去問】

 

【参考書】

 

※基礎講習を受講していないと、3.のテキストがないかと思いますが、市販のテキストと過去問でも個人的には問題ないと思います。

 

試験の特徴と意識点

まずこの手の資格系試験は、試験対策の勉強にあたって合格ラインを意識しつつ、対策を立てていくと効果的です。

まず試験の合格ラインですが、基本的にはここ何年も変わらず以下2点です。

1.試験全体で18問/30問(60%)を正解する

2.試験の出題分野は大きく5つに分かれていて、各出題分野毎の問題数が決まっている。そして(1)〜(4)は最低1問、(5)実務知識は2問正解する必要がある

勉強を進める中で、この2点を達成する方法を常に考えながら、勉強を進めていくことが結構肝心です。

私の場合は以下を考えました。

 

1.60%合格ライン

18問正解する方法ですが、自分の場合は「得点源を明確にして勉強にメリハリをつける」ことを意識して勉強しました。

というのも、運行管理者試験は出題範囲が5つに分かれていて、それぞれで学習内容が異なりますし、配点も異なります(各出題範囲毎に配点が決まっている)。

そしてこの5つの中でも最も配点の割合が大きいのが、合計8問出題される『貨物自動車運送事業法』です。

この事業法は、問題の傾向が例年類似していて他の範囲に比べてひっかけ問題も少なく、勉強したことが比較的ストレートに出てくる印象を受けました。個人的にはここを得点源として最低7点稼ぐことを目標にしっかりと勉強しました。

逆に合計5問出題される「道路交通法」なんかは、配点としても少ないので、語呂合わせなんかを使って効率良く、サボりを入れて勉強し手堅く3点程度取るようにしていました。

こうして配点割合の大きな範囲に関してはしっかりと勉強し、配点が少ない部分はサボりを入れて勉強することで、全体の総点数を引き上げ、合格ラインまで持っていけたかなと思います。

 

2.出題分野毎の最低正答数

一方運行管理者試験は、各出題分野毎での最低正答数が決まっているので、全ての学習範囲を満遍なく勉強する必要があります。

ただ試験の出題内容を見てみると、試験全体を通じて例年似たような問題が出題されていますし、最低正答数も1点か2点です。

中には一部問ひっかけ問題みたいなのもありますが、それも一部ですので、過去問を解いておけば問題ないと思います。

 

勉強のスケジュール感

以上を踏まえて、1週間の勉強スケジュールとしては下記の通りでした。

●1週間前~4日前:テキストを読み内容を理解する

試験勉強の始めは、まずは運行管理者試験のテキストを読み内容を理解しました。

テキストは巻末等含めれば合計360ページありますが、その中には模擬試験やその解答・解説なんかも含まれていますので、実質内容部分の分量としては270ページ程度です。1日100~120ページを目標にすれば、2日~3日で読破できます。

そして、テキストを読み進む上で意識したことですが、

・細かい暗記は行わず(そもそもテストでもそこまで求められない)、テキスト内の赤字部分を中心に理解すること。

・具体的には各Lessonやは章を1つ進めたら、そのLessonと章を振り返ってみて、要約して整理してみる。要約して整理することで理解が深まるため。ここでは内容を振り返ることに意味があるので、要約はざっくりです。イメージとしてはこんな感じです。

例)点呼を行うタイミングは乗務前、乗務後、中間の3つあり、それぞれで確認する内容が異なるのか(ふむふむ…)。

例)運行管理者は書類の保存を行う義務があり、それぞれで保存期間が異なるのか。運行指示書、点呼記録簿、乗務記録、運行記録計の4つは1年間で、運行者台帳、乗務員に対する指導・監督、事故報告書の3つは3年間。

 

●4日前:過去問を解き試験を理解する

過去問を解いてみて、試験の出題方法、出題傾向をチェックします。

ここでは「試験を理解する」ことが目的なので、試験勉強の効率を考えても、採点はしていません。

とにかく、問題を読む→選択肢を読む→回答する→解答を見る→解説を読むを繰り返しました。

過去問は1セット30問なので、1問あたり3分かけたとしても、1セット1時間〜2時間程度で終わります。自分の場合は直近の過去問を3回分解きました。

3回分解くことで、例年出題傾向が類似しているということが理解できますし、精神的にも安心出来ました。

 

●4日前~3日前:テキストを再度読み直し暗記を始める

過去問で試験の出題方法が理解できたら、もう一度テキストを読み返しました。

今回は試験を意識しつつ、テキストの内容の暗記も始めました。

特にテキストの赤文字で書いてあるところと数字は重要なので、ここは繰り返して読むことで記憶を定着させました。

 

●3日前~1日前:ひたすら過去問を解く

この3日間ではひたすら過去問を解きます。試験の得点に直結する最も重要な3日間です。

自分の方法としては過去問を解き、間違った問題はもちろんのこと、正解した問題に関しても解説を読み、選択肢の中の「何が」間違っていたのかを理解して記憶しました。

また市販で売っている過去問は過去「6回分」が基本ですが、ネットなんかを見ているとそれ以前のかなり古い問題も載っていたりします。

ただ古い過去問だと、法改正前の内容が書かれていたりすることがあり、変に混乱するため余計なエネルギーを使ってしまいます。個人的には直近6回分の過去問で充分だと思いました。

 

●試験当日

試験は午後からなので、当日は語呂合わせの再確認をしていました。

※語呂合わせはの復習は、短時間で多くの知識を確認できるので、テスト直前の学習には効率が良く有効です。

 

まとめ

結論としては、こんな感じでしょうか。

 

1.試験の出題傾向が類似しているため、原則過去問を中心とした勉強をする。その際、各パートの最低出題数をクリアするために全体を満遍なく解く

2.テキストは目標2回解く。1回目は理解することを意識し、2回目はテキスト内の赤文字部分と数字を中心に暗記を始める

3.60%合格に向けては得点源を意識したり、語呂合わせを使って効率良く勉強する

4.過去問は6回分解く。古い問題は混乱する可能性があるので可能なら避ける

5.ひっかけ問題も数問あるが、出題数としては少ないため、落ち着いて取れる問題を確実に取る

以上です。

 

【テキスト】

【過去問】

 

【語呂合わせ用参考書】

 

なお活字が苦手な方は、Udemyのオンライン動画の運行管理者対策講座 も参考になるかと思います。

※参考

運行管理者試験(貨物)受験の感想 資格取得のメリットとデメリット