ExcelにPower Automateを追加してタスクを自動化する方法


MicrosoftのRPAツール「Flow(改名され現在はPower Automate)」は既に知っている人もいるかと思いますが、実はこれExcelのアドインとしても追加できるのは知っていましたか?

これまではMicrosoftのOffice365からフローを構築する方法しかないと思っていたのですが、このアドインを使えばExcelから自動化フローを構築することが可能です。

 

私はつい最近知りましたが、Excelというもっとも身近なOfficeツールから簡単に自動化フローが作れるようになるので便利です。

 

ExcelにFlowを追加する方法

早速ですが実際の追加方法です。

Microsoft Store経由での追加となるのでMicrosoftアカウントが必要となりますが、手順としてはとても簡単です。

 

1.「挿入」タブから「アドインを入手」をクリック

Excelを開いた状態で下記画像のようにアドインを入手を選択します。

 

2.「Flow」で検索

アドインを入手をクリックすると、下図のようなポップアップ画面が出てくるので、検索ボックスに「Flow」とたたきます。

 

3.「追加」をクリック

検索結果の最上に出てくる「Microsoft Flow for Excel(Preview)」を追加します。

 

4.Microsoftアカウントにサインイン

追加ボタンをクリックすると下図のように、「データ」タブの右の方に「Flow/Automation」というボタンが出現します。

クリックすると下図のようにExcel画面の右側がFlowの画面となります。画面下部の「サインイン」よりMicrosoftアカウントでサインインしましょう。

 

5.完了

うまくサインインできると下図のように、自動化のフローを作成する画面に切り替わります。ここにExcel自動化のフローを構築していきます。

 

前提条件

ExcelのPower Automateを活用する上で、まず2つほど必要な設定があります。

1.前記事でも書きましたが、ExcelにPower Automateのアドインを追加するためにはそもそもMicrosoftアカウントが必要です。I PhoneにアプリをインストールするためにApple IDが必要なのと同じです。サクッと作りましょう。

2.Power Automateは基本的にはクラウド上で作動する自動化ツールなので、自動化できるのはクラウド上にアップロードされたデータのみです。具体的には「One Drive for Business」か「SharePoint」上にファイルをアップロードしておく必要があります。

 

何が出来るのか

ExcelのFlowでは大きく1.テンプレートから作成する方法と、2.インスタンスから作成する2つの自動化フローの構築方法があります。

下記の通り現時点ではExcelテーブル上の各行単位レベルで何らかのタスクを自動化することが可能となっているようです。

選択した行のメッセージをTwitterに投稿するや、Excelテーブルで選択した連絡先にOffice365メールを送信するあたりは実用的ではないでしょうか。

 


クラウド活用テクニック150 2020年最新版!


成功と失敗で学ぶ RPA