文系がPythonを2週間独学し業務を自動化した方法


Pythonは人気プログラミング言語の上位3本指には必ずランクインしますし、年収・求人件数を見ても社会的に需要の高い言語の1つです。IT化やデジタル化が今後更に進んでいくことを考えると将来性のあるスキルの1つでもあります。

こうした背景もあり、今やプログラミングやPython関連の学習教材は世の中に沢山あり、どの教材を選べばいいのか選別が難しいものです。
こうした中で、文系大卒である私が2週間でPythonの学習を始めて理解出来るようになった方法を簡単に紹介します。

【BIZREACHが発表したプログラミング言語ランキング】

Pythonはプログラミング言語の中でも人気が高く、求人件数も多い。

 

Pythonを学び始めたきっかけ

前職のネット通販企業でWebマーケティングを担当している中で、マスタデータに触れる機会は沢山あり、元々データ分析に興味を持っていました。

その後色々調べた結果、Pythonは国内のみならず世界的にも人気が高い言語であり、機械学習や統計分析といったビジネスの分析にも活かせる言語だということを知り、その可能性に惹かれて学び始めました。

 

Pythonの習得に必要な学習時間

正直どこまで深くPythonを学ぶかで変わるかと思いますが、私の場合はPythonでデータスクレイピングをしたり、マウスを動かして作業を自動化するプログラムを組んだり、株価の簡単な予測モデルを構築すること程度だったので、学習を進めて2週間程度で出来るようになりました。

ただここ最近Python関連の安価で良質な教材も増えてきているので、個人差は当然あるかと思いますが、「Pythonってこんな感じかぁ」ぐらいの理解度で良ければ1週間程度もあれば実現できると思います。

 

Pythonを独学で学んだ方法

以下私の学び方の紹介です。

1.基本的な機能は動画で効率的に学習

Pythonに限らずITツール系全般に言えることですが、画面遷移が発生するものは動画が効率的です。私もPythonは初見のツールで何から始めたらいいかわからなかったので、You TubeやUdemy の動画を見ながら学習しました。

ポイントは、動画を見ながら実際に自分のPCでも操作することです。

動画を見て学ぶだけだと分かった気にはなるのですが理解が浅く、実際に操作している中で発生するエラーを1つずつ解決し、プログラムを形にしていくことで理解が深まっていったと感じます。

 

2.つまずきやすい環境構築の対応方法

Python学習で最も時間が取られたのが、環境構築です。

これはPythonをPCにインストールした直後に行う初期設定みたいなもので、Pathを通したり色々設定が必要なのですが、そのやり方がMACとWindowsでは違ったり、コマンドプロンプトという見たことのない真っ黒な画面を使ったり、Pythonでプログラムを実行しようとすると「…認識されていません」とエラーが出てきたり、、、僕のような本当の初心者にとっては複雑怪奇そのものでした。

そこで活用したのが、学習動画の中でも環境構築含めて解説しているものです。

You Tubeにもそうした動画はありますが、例えば「現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3」では環境構築の解説も含んだ動画となっているので、初っ端のエラー地獄でつまずかずにスムーズに学習が進められると思います。

 

3.目的を明確に!

Pythonの使い方を学習するのではなく、Pythonで実現したいことを明確にして学習を始めることも良かったと感じます。

Pythonはライブラリが豊富で実現できることが多いのも特徴なのですが、最終的にPythonで実現したいこと=ゴールが定まっていると、余計な知識の習得を省けて学習効率が上がるんですね。

私の場合は、1.PythonでWebスクレイピングがしたい(通販サイトから価格情報を引っ張ってくる)、2.Pythonを使って業務を自動化したい!といったところでしたので、これら目的を達成できるPythonの学習教材を選択して、自分で実際にプログラムを作って動かしました。

 

4.細かいエラーの対応

Pythonのプログラミングコードは一字一句正確に打ち込む必要があり、誤入力が1文字あるだけでも、プログラムは回りません。

100%正確に記述することなど、不可能に近いので、Pythonで実際にコードを書き始めると、必ずエラーが出てくると思います。

エラーが発生したらその都度原因と解決策を調べるのですが、Pythonは世界中で使われているツールなので、英語で解決策を調べる方がヒット率が高いです。

日本語で検索してももちろんヒットすることはありますが、単純に世界で英語を使う人の数の方が多いので、ヒット率は上がります。

 

高まるPython人気

下記はPythonのGoogleの検索結果数の推移ですが、ここ数年でPythonの注目度は国内外で急増しています。

【Googleトレンドの結果(日本)】

【Googleトレンドの結果(世界)】

今後更にIT化が進むことを考えるとこの傾向は続くと考えられますし、Pythonはプログラミング言語の中でも初心者に易しい言語なので、とっとと学んだ方がいいです。

 

Pythonを更に学びたいなら

Pythonは画面遷移が発生するので更に知識を深めたいなら動画がおすすめです。

参考までに下記にて幾つかPython動画を紹介しますので参考にしてみて下さい。

Udemyの動画は一定期間内であれば返金も可能なので後悔することはないと思います。

 

現役シリコンバレーエンジニアが教えるPython 3 

とにかく内容が濃い。そしてUdemyのセール期間に買えば安く購入できるので、コスパの観点では最良だと感じます。私の経験上Pythonは環境構築が結構面倒でしたので(MACとWindowsで異なるので)、環境構築から全てをパッケージ販売しているこちらの動画はおすすめなのです。

またPythonの環境構築(Windows&MACの双方)から始まり、データ解析、データーベース、ネットワーク、暗号化、並列化、テスト、インフラ自動化、キューイングシステム、非同期処理といった応用までカバーしていて、内容が盛り沢山なのです。

 

Automate the Boring Stuff with Python Programming

私が実際に使った動画です。こちらの動画ですがとにかく内容が実践的」。

題目にもありますが、Pythonを使って面倒なことを自動化するところをゴールとしているので、様々なプログラムを学びながら実務で活かせる知識が学習できるのです。

実務で活かせる内容の方が、勉強内容が無駄にならないし、そもそも勉強が楽しくなります。また動画のコースも合計10時間とたっぷり勉強できます。

教材が英語なのが難点ですが、これを機会に英語の学習も兼ねてみてはいかがでしょうか。

 

みんなのAI講座 ゼロからPythonで学ぶ人工知能と機械学習

こちらも初心者向けの人工知能と機械学習のコースです。株価分析や文字認識といったPythonを応用した事例も学習できます。

開発にはGoogle Collaboratoryという環境を使っていて、こちらは環境構築が不要なので初心者が手軽にAIや機械学習を学べる点では便利です。

ただこちらは環境構築はカバーしていないので、環境構築含めて学びたい人は1本目の動画を見た方が個人的にはいいかなと思います。

 

PythonによるWebスクレイピング〜入門編〜

Seleniumを用いて、自動ログイン、テキストの抽出、画像データの収集までを学習できる講座です。

ランキング形式のサイトからまとめて情報を収集することができるようになったりと、Pillowを用いてPythonで画像を扱うことができるようになったりと内容が濃く、おすすめです。

 

Udemyの動画はセール期間中なら1500円~2000円程度です。1500円というと、都内での外食ランチ1食分程度です。外食ランチ1回我慢してこの学習コンテンツを購入して勉強する方が将来的には自分の為になるのでは?と思うので試してみましょう!