航空業界11社の過去10年間の売上を比較


航空業界11社の過去10年間の日本円での売上推移を調べてみました。

調査対象企業は下記の外資系航空会社9社と日系航空会社2社です。

・ANA(日本)
・JAL(日本)
・アメリカン航空(アメリカ)
・ユナイテッド航空(アメリカ)
・ルフトハンザ航空(ドイツ)
・インターナショナル・エアラインズ(イギリス)
・サウスウエスト航空(アメリカ)
・タイ国際航空(タイ)
・シンガポール航空(シンガポール)
・大韓航空(韓国)
・カタール航空(カタール)

各社で会計期間が異なるのと、為替レートに関しては各年末時点でのレートを利用して日本円に計算しているので、少し誤差は出るかと思います。

売上推移(10年間)

【ポイント】

・売上高上位3社はアメリカン航空(5.1兆円)、ユナイテッド航空(4.8兆円)、ルフトハンザドイツ航空(4.5兆円)の欧米航空会社3社です。

・アメリカン航空は2013年にUSエアとの合併を経て、航空業界の売上高で№1となっています。

・ANAは2019年に売上高2兆円を達成し、11社中6位です。

・JALの2019年の売上高は1.48兆円で、カタール航空、シンガポール航空、大韓航空の3社と並んでいます。

 

航空業界の売上成長率

続いて、各社の売上成長率(CAGR)を計算してみました。

下記が結果です。

年平均成長率ではカタール航空が13%とトップです。カタール航空はSkytraxが毎年発表している優良航空会社で2019年1位(2018年は2位)と名実共に勢いがあります。

JALは11位/11社と、残念ながら成長性では他航空会社より劣勢な状態ですが、その分ANAが好調で牽引しています。

以上。