Power BIが学べる学習教材のまとめ


Power BIがリリースされたのは2015年7月と、BIツールの中では歴史が浅い方です。

そのためPower BIの学習教材は現状少なく、更に日本語に対応したものはもっと少なくなり、何から手を付けたらいいのか分からないというのが現実ではないでしょうか。

そこで本記事では、Power BI初心者向けに、主なPower BIの学習方法を紹介させて頂きたいと思います。

なぜPower BIを学ぶのか、その可能性とは

まずはそもそもPower BIを学ぶ意味についてポイントでお話しさせて下さい。

●検索トレンドで見るその可能性

下図の折れ線グラフは「Power BI」のGoogle検索数の時系列推移ですが、Power BIが最初にリリースされた2015年以降、Googleでの検索数は大きく上昇していることが分かります。

【Power BIのGoogle検索数の推移】

ライバル製品のTableau(赤線)と比較してみても、さすがに歴史の長いTableauには劣りますが、飛ぶ鳥落とす勢いで成長していることが分かります。

●大手グローバルリサーチ企業も高く評価

下図は世界大手のリサーチ会社Gartner社が毎年発表しているMagic Quadrant for Analytics Platformです。

LeaderポジションにはTableauとMicrosoftがいますが、Microsoftが頭1つ飛び出していて、この2社には大きな違いがあることが分かります。

日本では先発製品のTableauの方が普及されているようですが、実際のところGartner社はPower BIの価値を高く付けており、第三者の専門機関からも信頼を獲得していることが分かります。

Power BIの学習教材

Power BIの学習教材は色々ありますが、本記事では下記3つに分類してみました。

①オンライン動画で学ぶ
②セミナーで学ぶ
③書籍(紙媒体)で学ぶ

それぞれについて簡単に説明します。

 

オンライン動画で学ぶ

Power BIは画面遷移が発生します。そしてオンライン動画だと、実際に画面の挙動を確認しながら学習を進められるので、最も効果的です。

ただ動画を読み込むのに時間がかかったり、途中で動画が途切れてしまうこともあり、電車の中等通信環境が悪い中での学習には弱いです。

また最近はYou Tubeでも動画を見かけることが多くなりましたが、情報が古かったりと、情報鮮度は落ちます。有料のものだと、アップデートが入る度に動画を更新してくれたり、何かあればコメント対応してくれますので安心です。

 

Udemy :日本人講師のみならず、海外講師の講座も多数あり、講座数では最も多い。Power BIのみならず、その周辺のスキルであるデータ分析やIT知識に関する講座も幅広く提供されています。領収証も出させるので会社に請求するのも良し。頻繁に割引セールをやっているのですが、このセールの割引率が魅力的。定価20,000円以上するコンテンツが、セール期間にはほとんどが1,500円前後にまで大幅値引きされています。ただ逆にセール期間外だと高すぎるので、セール期間まで待たないといけないのが難点です。

とにかく学習動画は沢山あるので、自分がどのようにPower BIを使いたいのか、どのレベルまで使えるのかによって動画を選択する必要があります。

 

ココナラ :国内系のスキルのオンラインマーケットです。最大の特徴はオンラインによるマンツーマン指導が可能な点です。分からないところは都度聞く等によって理解が深まります。ただ講座の時間制限があるので、基本的な知識を習得してから知りたいことを明確にした上で利用するのが個人的にはおすすめです。

 

ストアカ :こちらも国内系の学びのオンラインマーケットプレイスです。講座数はまだ少ないですが、こちらも対人サポート付きなので相互にコミュニケーションを取って理解を深めていけます。

セミナーで学ぶ

Power BIやデータ分析を専門とする企業のハンズオンセミナーも増えています。

法人企業が主催しているものなので得られる情報の信憑性が高く、ハンズオン型の対面セミナーはその場で画面を見ながら学習を進められるので、分からないことは直ぐに解決できるスピード感が最大の利点です。

Power BIは途中でエラーが発生することがあり、このトラブルシューティングに時間がかかったりするので、時間を有効に使う意味でも有益です。

一方、人件費がかかるので、コスト的には高く付きます。

書籍で学ぶ

現物が手元にあるのでパラパラと辞書感覚で活用できる利点があります。またチーム内で簡単に回し読みもできる手軽さもあります。

ただPower BIは頻繁に機能が更新されるのでネット等で最新の情報を入手する必要がある点は気を付けなければいけません。

なお、Amazonの書籍読み放題サービスの「Amazon Kindle Unlimited」であれば海外の書籍なんかも結構充実していて、取っかひっかえ色々読み漁れておすすめです。

参考までに主な書籍を紹介します。

●できる Power BIシリーズ

 

Power BI以外のOffice製品の解説本としても人気の高い「できるシリーズ」のPower BI専用書籍です。Power BI初心者向きの定番本です。

 

●Excel中級者向け KPI管理したいマネージャーのためのPower BI Desktop

<script>

タイトルにもある通り中級者向けの本です。Power BIにある程度使い慣れてきた人が、更に細かい知識や機能を学ぶにはおすすめかと思います。中級者向けの本ですが、初心者向けの情報はネットにゴロゴロ散らばっているので問題ないかと思います。

●Power BI初級編

<script>

Power BIのインストール方法から、デスクトップアプリの起動、レポート作成と共有と基礎的なことを一通り学べる書籍です。絵付きなので初心者にも分かりやすいのが特徴です。

 

●Power Pivot and Power BI

<script>

 

英語の書籍ですが、Power BIとPower Pivotについて網羅的に学べます。海外のPower BIの学習サイトなんかを見ていると、取り上げられることが多い印象です。

 

―Power BI - Business Intelligence Clinic

<script>

 

こちらも英語の本ですが、実用性の高い本です。レポートを1つ作るまでを1つ1つステップを踏みがら説明している点が分かりやすいです。現状やはり英語の教材が充実している印象です。

Power BIの教育給付対象講座はあるか

経産省と厚生省が推進する社会人の学び直しプログラム(Reスキル)の一環で、教育給付金(補助金)が出る学習講座が増えてきています。

一定の条件を満たせば、下記の通り最大で講座料金の70%が国から補助されるという制度です。

給付金が使える講座がないか調べてみたのですが、現状Power BIやBIツールを対象としている講座はありませんでした。

ただAIが学べるようなAidemyや転職保証付きのDMM WEBCAMP COMMITなんかは対象となっているようなので、うまく制度を活用してエンジニアへのキャリアチェンジを目指してみてはいかがでしょうか。

 

●Power BIのショーケースサイト始めました

株価データや業績データ等の実データを、Power BIで可視化したレポートを共有しているサイトを新設しました。

実際にレポートを活用いただいたり、レポート作りやデータ分析のアイデアとして参考にしてみて下さい。

Power BIショーケースサイトへ(外部サイトに飛びます)