Microsoft PowerToysでファイル名を一括まとめて変更する方法


MicrosoftがWindows10向けに再リリースした「PowerToys」を使ってデータのファイル名を一括まとめて変更する方法の紹介です。

なおPowerToysのインストール方法については「Windows画面を分割する方法 Microsoft PowerToysを使ってみよう!」で絵付きで解説していますので、「これ使える!」と思ったらインストールしてみて下さいな。ちなみに無料です。

 

利用シーン・ケース

主に大量のデータのファイル名を一括で変更したい時です。

例えば下図のように複数の画像ファイルがあるとします。

これらの画像のファイル名を変更して分かりやすく整理しておきたいといったケースです。

従来だと1個1個手作業で変更していくか、プログラミングを使ったりする必要があるのですが、PowerToysを使えばもっと簡単に実現できます。

 

手順

下記手順です。

PowerToysにはMicrosoft Windowsの環境下で使える機能が幾つか揃っていて、それぞれに機能の名称が付いているのですが、今回はその中でも「PowerRename」というモジュールを使います。

なお念のためファイルのバックアップは取っておいてくださいね!!

 

1.拡張子を表示※重要!!

まずは下記手順でファイルの拡張子の表示をONにしておきます。

具体的には、表示>ファイル名拡張子のチェックマークをクリックします。

これをしておかないと、ファイル名を変更した時に拡張子が消えてしまい最悪ファイルが開けなくなる可能性があるので必ず実行しましょう!

 

 

2.変更したいファイルを選択

今回ファイル名を変更したいファイルを全て選択します。

 

3.右クリック

右クリックして、メニューバーの中の「PowerRename」をクリックします。

 

4.ファイル名を変更する

下図のSearch forのボックスに変更したいファイル名を指定します。

そしてReplace withのボックスに変更のファイル名を指定してあげます。

例えば今回のケースでは画像ファイルの「img」というファイル名を、全て「ペラ蔵欧州旅行」という名前に変更しています。

最後に画面下の「Preview」でイメージを確認した後、「Rename」をクリックします。

 

5.完成!

無事に名前が変更されました。

これならいちいちプログラミングでコード書かなくてもいいので、とって楽ちんです!

 

以上、PowerToysをインストールする気になりましたか?

こちらのソフトはもちろん利用料は無料ですし、今のところインストールしてパソコンの動作が重くなったような気もしません。

Microsoftが提供している公式のソフトなので安心感もあります。

是非一度検討してみてください。

 

なおインストール方法とPowerToysのその他の機能はこちらに書いています。

URL:Windows画面を分割する方法 Microsoft PowerToysを使ってみよう!

 

以上。

 

業務効率化関連の書籍

今までの方法で業務を処理していませんか?世の中には日々便利な新しいツールが出てきていますので、率先して業務効率化の方法を学び面倒なことは自動化してしまいましょう!

幾つか関連書籍を紹介しておきます。

 


たった1秒で仕事が片づく Excel自動化の教科書

 


エクセル仕事の自動化が誰でもできる本