USCPA REGで気になったこと 動産への担保権の設定


USCPAのREG1でAttachmentの範囲の中で、当たり前のように動産に担保権を設定するケースの問題が出題されます。

実際には、担保権成立の要件の問題や、担保権の完全化(Perfection)の要件や担保物権の優先順位を問う問題なんかですよね。

で、個人的には動産に担保権を設定するというのがどうも引っ掛かりました。

不動産に担保権を設定してお金を借りるというのはすんなりくるんですが、そもそも「動産」に担保権を設定できるんだっけ?という素朴な疑問です。

せっかくの機会なので調べてみると、タイムリーにも以下の通り2019年9月に日経からニュースが出ていました。

URL:担保権を動産にも設定 法務省、機械・在庫対象へ

ということは、現状日本の民放上は動産に担保権を設定できないけど、今まさに動産を担保権として資金調達ができるよう手続きを進めているところですね。

また気になることが1つ解けました。

こうして脱線しつつ、まったりとREG合格を目指しています。


CPA Exam For Dummies with Online Practice (English Edition)

 


スキマ時間で米国公認会計士 要点40ポイント丸暗記! 税法 : 法人税(C corporation)