Google Adsense研究 「価値の低い広告枠:コンテンツの量が不十分なサイト」に4つの事例が添えられる


前記事『Google Adsense研究 7つのサイトを審査して得た気付き 合格・不合格のポイント』の続きです。

Google Adsenseのテスト用に作った7つのサイトのうち1つで新しい審査の不合格理由が届きましたので共有です。

 

◆今回Googleから来た不合格通知

◎不合格理由:「価値の低い広告枠:コンテンツの量が不十分なサイト」

これまでも似たような不合格通知は見たことがあります。

ありますが今回の不合格通知は少し違います。

というのも今回は具体的な事例が4つ添えられて送られてきました。

 

◆4つの事例

事例1.別の情報源からテキスト コンテンツをコピー

→これはシンプルに別サイトからコピぺしないでねということだと推測

 

事例2.別のサイトでホストされている動画を埋め込んだだけのページ

→これはYou Tubeの動画を埋め込んだだけのサイトを作らないでねということか

 

事例3.情報としての価値がないコンテンツや自動生成されたと考えられる意味不明なコンテンツを含むサイト

→これはロボットに作らせただけのサイトは作らないでねということか

 

事例4.重複コンテンツを掲載するテンプレート サイト

→これは自分のサイトの中に似たようなコンテンツ(1つのページをコピペして新しいページを作る)は作らないでねと推測

 

最近テクノロジーが発達して人工知能で記事が作れたり、テンプレートで記事を量産できるプラグインが出たりしているのを捉えている印象を受けます。

実は私も人工知能に作らせた記事だけでAdsenseの審査をかけました。

結果は追って記載しますが、どうなるか楽しみです。