Power BI vs Tableau 2大BIツールをサービス比較表にて整理


2019年にガートナー社が発表したBIツールのマジッククアドラントにおいてリーダーポジションにあるPower BI(Microsoft)とTableau。
これらライバル関係にある両サービスの違いをまとめて比較してみました。

 

Googleトレンドによる過去5年間の検索推移分析

【日本】

Power BIもTableauも年々右肩上がりであるが、検索総数はTableauの方が多い。

【すべての国】

Tableauの検索伸び率はほぼ横ばいだが、Power BIは右肩上がりで成長中。日本と比べると、平均検索数で差がある。

【地域別】

北米、ヨーロッパ、中国ではTableauの方が検索数は多い傾向にある。一方Power BIは南米地域で強い。

 

Power BI vs Tableau サービスの比較表

  Power BI Pro Tableau
運営企業 Microsoft Tableau Software
※19年にSalesforceが買収
本社 米国 ワシントン州 米国 ワシントン州
リリース日 2011年 2003年
データ容量 10GB
※Premiumは100TB
無制限
データ読込速度
スマホでの閲覧 可(iOS, Android) 可(iOS, Android)
サポート体制
共有 メール配信か、URLでの共有 メール配信か、URLでの共有
データの自動更新 1時間毎で設定可 1時間毎で設定可
ライセンス形態 サブスクリプション サブスクリプション
費用(Desktop) 無料(Power BI Desktop) $70/月
費用(View) $9.99/月 $12/月

※データ読込速度について
同じ容量のデータをデータベースから抽出する場合、Tableauの方が早いという調査結果がある。
また一般的に、Power BIの方がRAMメモリをより多く消費すると言われている。

※サポート体制について
TableauもPower BIもナレッジベースが豊富で大差ない。何らかの問題が発生したら、基本的に検索すれば解決できる。
Tableauはサポート担当者への問い合わせが可能であり、Power BIにはないサービスである。

※データフォーマット対応について
Power BIもTableauもExcel, Google Analytics, Salesforce.com, Amazon Redshift, SQL, Azure, Google Platform等々とあらゆるデータソースとの接続が可能。
データフォーマットの対応は両サービスともほぼ同程度と言える。

考察

Power BIもTableauも基本的な機能面では大差はなさそう。

サポート体制や細かいサービススペックではTableauが勝るが、コスト面ではPower BIの方が勝る。

導入を検討している場合は、企業規模、予算、活用用途あたりが判断基準となってきそうです。

 

BIツールは海外では当たり前のツール

下記はPower BIのGoogeトレンドの結果ですが、ここ数年Power BIの注目度は国内外で年々急増しています。

私自身、外資系企業に転職して初めて知ったアプリですが、海外の拠点ではPower BIを使ったレポーティングが標準になっています。Power Point、Access、Excelを使っていると、時代遅れだと軽くバカにされます。

【Googleトレンド:全ての国のPower BI人気度】

Power BIを学ぼう!

Power BIが学べる動画や書籍をまとめましたので参考にしてみて下さい。

Power BIの学習教材のまとめ