Amazonビジネスの売上高は1兆円に成長 3年強で10倍


CNBCの情報によると、3年前にサービスインしたアマゾンの法人向けサービス「Amazon Business(Amazonビジネス)」の今期の売上高は、10billionドル(約1.1兆円)に達する見込みとのことです。

3年前は1billionドル(1000億)の売上額なので、3年強で10倍に成長しています。
年成長率に換算すると約+100%~115%と驚異的な業績です。

これはAmazonの他のサービスと比較してみるとこのすごさが理解できます。

まずAmazonの一般消費者向けの通販サービスは1billion→10billionドルを成し遂げるのに7年かかっています。
またアマゾン第二の柱とも言われるAmazonクラウドは10 Billionドル達成するのに10年かかっています。
Amazonビジネスは10 Billionドルを4年弱で達成しています。

今後はBtoC向け事業の売上金額を追い抜く可能性も高いとも考えられていて、また一つ新たなDeath by Amazonの種が仕込まれた形になりそうです。

ちなみにAmazonビジネスは北米、イギリス、イタリア、フランス、スペイン、ドイツ、日本、インドのグローバルで八か国に展開中。

アマゾンはAmazonビジネスの売上高の50%以上は北米以外の国が収益源だと発表していて、現時点ではAmazonビジネスはグローバル化にも成功していることが読み取れます。

なお、日本にサービスインしたのは2017年ですが、これから更に拡大していくことが予想されるので、日本市場における法人向け向けEコマース業界にも大きな影響をもたらすことが考えられています。

また、Amazonビジネスは今後、韓国、東南アジア、中国、メキシコといった新興国へも更に拡大展開していくことを目論むとも考えられるので、日本市場のみならず海外を収益源とする日系企業に与える影響も大きいと考えられます。

Amazonビジネスは登録自体は無料なので、実際に使って試してみてはいかがでしょうか。

Amazon Business公式サイトを見る

 

◆関連書籍

◎デス・バイ・アマゾン テクノロジーが買える流通の未来


デス・バイ・アマゾン テクノロジーが変える流通の未来 (日本経済新聞出版)

躍進を続けるアマゾンとそれに抵抗しようとする企業の動向を解説しながら、
流通・小売業の将来像を描く。

 

◎アマゾンが描く2022年の世界


アマゾンが描く2022年の世界 すべての業界を震撼させる「ベゾスの大戦略」 (PHPビジネス新書)

現在のAmazonが何故成功しているか、またこれから成功する理由について、 大学教授×上場企業取締役×経営コンサルタントの著者が解説。

 

◎amazon 世界最先端の戦略がわかる


amazon 世界最先端の戦略がわかる

Amazonという会社を知るための入門編。元マイクロソフト日本法人社長の成毛眞氏が著者。ビジネス内容を紹介するとともに、ビジネスそのものがいかに優れているかを解説している。